容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

Prominent LOTO 12ヶ月コース プロミネントシステムデザイン

  1. 2011/03/14(月) 15:03:12|
  2. Prominent LOTO 12ヶ月コース|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
Prominent LOTO 12ヶ月コース

Prominent LOTO


下記のサイトで購入すると最大8400円安くなります!

Prominent LOTO 12ヶ月コース





実際、この当籤確率まで行き着くのにわたしは長い間研究に明け暮れ、現在まで10000時間以上という長い時間を費やしてきました。

ありとあらゆる予想方法を検証して、人生を捨ててきた時間だとも言えます。

この苦難ばかりだったロト研究は、どんな道程だったのかから話をすれば10000時間という長時間を無駄にした理由も分かるかと思います。

Prominent LOTO 12ヶ月コース

まず、わたしがロト研究の最初に試したものというのは、各数字における出現回数と出現周期と特性をもとにして検証していって、算出された予想数字を購入していく方法です。

しかし、ロトの抽選回数というのは非常に少ないので、信頼しうる統計データをとるだけの試行回数にはならず、何度かの検証過程を経て実際にロトを購入する所まで至りましたが、出現する数字に周期特性を見つけることは出来ませんでした。

そして、次に検証したのが今回のボーナス数字から次回の予想数字を弾き出すという方法です。

あれこれ膨大な過去の結果をもとにいけそうな法則のロジックの候補がみつかることは見つかりましたが、結局後付け理論で導かれた数字であって当籤さえも致しませんでした。

次に、当籤数字の出現エリアを"4つ"に分けて考える方法で数字を予測するという方法を研究してみたのです。

これは予想していた以上に良い成績が出たのですが、この方法はエリアに分ける理論的な根拠が御座いませんし、結果的に低配当のみ当籤するようなものになり、高額当籤を探求している研究者としては、不満足な結果に終わりました。

もしかしたらロトの仕組みをよく知らないという方が、いらっしゃると思いますのでロトについて簡単に説明します。

ロトとは、「数字選択式全国自治宝くじ」という名称です。


「数字を選ぶ宝くじ」


つまり、自分の実力で当籤を引き当てることが出来る宝くじという所が、最大の魅力であって、今までの他力本願な宝くじとは違うというわけです。

ロトには、選択する数字の範囲と個数の違いで4種類あります。


「ナンバーズ3、ナンバーズ4、ミニロト、ロト6」


それでは、ロトの特徴といいますが魅力を纏めてみたいと思います。

ロトオーブ


週に1度、決まった時間に抽選が行われおり、ロトの購入を締切る時間も決まっています。

じっくりロト6を研究して当籤番号を予想して選びたいという人であれば、本格的なロトの研究や分析を行ってから数字を選ぶことができます。

確かに、高額当籤が何口も出てしまい当籤金額が少無くなるという事はたまに起こります。

しかし、当籤口数が数100倍まで増えることはまず御座いませんので当籤金額が100分の1より低くなる何てことは御座いません。

ロトには売切れが御座いません。

締切りだけがあるのです。



高額当籤等は、ロト6の1等等の当籤は、非常に確率が低く該当者がいないといったこともよく起こることで、その賞金金額は、次回の抽選会に持ち越しされることになります。

Prominent LOTO

こういう制度をキャリーオーバー制と言う事はご存知だと思いますが、キャリーオーバーされた金額を繰り越されて、次回の抽選会の当籤金額に上乗せする事になってくるのです。

ただ、キャリーオーバーといっても制限なく当籤金額が増えていくわけでは御座いません。

例えば、ロト6の場合ですと1等が当籤した場合、1口の当籤金額は最高4億円までです。ちなみに、キャリーオーバーがない抽選会では、ロト6の当籤金額は最高2億円になります。




1度に、4億といった億を超える金額を得ることの出来るものは、そう見つからないのでロトくじに人気が集まるのは普通の流れなのでは無いでしょうか?

ネットで検索すれば、さまざまなロトの投資ソフトですとかロトの配信があります。

それだけ、ロトに興味を持っている方が多いという事なのですが、実はロトを研究していく上でどうしても避けることの出来ないデメリットがあるのです。








その不可避的なデメリットというのは、当籤結果が分かればその数字に合わせたプログラムを組んでしまい、


まったくといっていい程当籤しないロトの予想数字システムが、一般に公開されてしまうことなのです。


システムに詳しい技術者であれば、過去のロト抽選会で高額当籤するようなプログラムを簡単に組むことができてしまい、過去の成績では素晴らしい当籤結果がでるようにアルゴリズムを組むことは簡単です。

実際に、過去のみに最適化された数字予想システムが殆どでは無いでしょうか?


その証拠に、ロトの投資ソフトを使ってチャレンジしても、あらゆる当籤という当籤にまったくカスりもしないという噂をよく聞きませんか?


こういった形でロトの研究を続けていくと、どうしても壁にブチあたります。

わたしも、ロトの研究を始めたばかりの頃は常識に捕われた過ちを犯していたのですが、ロトの研究というと過去の当籤結果にこだわって分析しはじめてしまいます。

そして、変に高額当籤を当てたいという欲が出てしまって、どうしても当籤数字のみに着目してしまうのです。


わたしは、こういったアプローチをデジタル的な発想と呼んでいます。


そして、こういった方法で当籤数字を予想しても当籤から最も遠いものになってしまいます。一般に公開されている殆どのロトの予想システムは、デジタル的な予想数字システムだと思っているのです。

わたしは、今までの研究のアプローチを中断させて、アナログ的な要素をふんだんにとりいれたロトの予想数字システムの開発する事にしました。





プレミアムLOTO

ロトオーブ

マスターロトmini

ミニロト・ワン

マスターロト

ロトワン

DTIブログって?